Home »  情報一覧

情報一覧

近藤先生が共著者の論文がHepatology Communications (IF:5.073) からpublishされました
2021年11月26日

この論文では、COVID-19患者でみられる炎症による内皮細胞傷害と肝障害との関わりについて総説にまとめています。血小板や血栓などにも着目しユニークな内容になっていますので、是非ご一読ください!

詳細はこちらです。






味岡 洋一 先生 (新潟大学) の特別講義を行いました
2021年11月20日

11月19日に大学特別講義を行いました。今回は、新潟大学大学院医歯学総合研究科 分子・診断病理学分野 味岡 洋一 教授に「H.pylori陰性胃癌の病理学的特徴」についてご講義いただきました。

H.pylori感染は胃癌における発癌因子とされています。しかし、日本ではH.pylori除菌の普及や未感染者の経時的増加に伴いH.pylori陰性胃癌に遭遇する機会が増えてきました。このタイムリーな話題について、その病理学的特徴を最新の知見とともにご講演いただきました。

味岡先生、有難うございました。






近藤先生が第25回日本肝臓学会大会会長賞を受賞しました
2021年11月13日

近藤 礼一郎 先生が第25回日本肝臓学会大会会長賞を受賞しました。この賞はポスター優秀演題賞の中から最も優れた演題に送られます。近藤先生はCOVID-19症例における肝障害と肝臓にみられる微小血栓の関連を解析し、今回の受賞となりました。近藤先生、おめでとうございます!

研究の詳細はこちらの論文をご覧ください。






金城先生、塩賀先生、谷川先生が病理専門医試験に合格しました!
2021年10月17日

先月行われた日本病理学会 病理専門医試験に、金城先生、塩賀先生、谷川雅彦先生が合格しました!おめでとうございます!!当講座からは毎年、病理専門医が誕生していますが、日本では病理専門医がまだまだ不足しており求められています。病理医の活躍の場は全国にあります。医学生の皆さん、そして研修医や専攻医の先生方、一緒に病理専門医を目指しませんか?

病理専門医取得に興味のある先生は、講座見学も随時行っていますので、ぜひ、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合せ:0942 – 31 – 7546

メールでのお問い合せ:patho1@med.kurume-u.ac.jp






川口先生の論文がAnticancer Research (IF: 2.480) からpublishされました
2021年10月13日

川口先生は皮膚科から大学院で病理学講座に研究に来られ、乳房外Paget病の免疫腫瘍環境について研究されています。この論文では、PD-L1およびPD-L2の発現は乳房外Paget病の予後不良因子であることを報告しています。詳細はこちらです。

川口先生、おめでとうございます!!






松尾先生の論文がJournal of Oral Pathology and Medicine (IF: 4.253) からpublishされました
2021年10月12日

松尾先生は口腔外科から大学院で病理学講座へ研究に来られ、舌癌の分子病理について研究をされています。この論文では、laminin receptorを強く発現している舌癌は術後再発のリスクが高いことを報告しています。詳細はこちらです。

松尾先生、おめでとうございます!!






医学科3年生の研究室配属
2021年10月10日

3名の医学科3年生が研究室配属で約1ヶ月間、病理学講座で研究を行いました。本人たちの希望もあり、研究だけでなく病理解剖や病理診断にも立ち会い、充実した経験になったようです!肝心の研究も、免疫組織化学やAIを使って面白い結果が出ました!研究結果は病理学会で発表する予定です!!ご指導いただいた先生方、有難うございました。

 






近藤先生の論文がJournal of Medical Ultrasonics (IF: 1.314) からpublishされました
2021年9月5日

この論文では、腹部超音波検査で評価が難しい脂肪肝の病理所見について報告しています。詳細はこちらです。






近藤先生の論文がHepatology Research (IF:4.288) からpublishされました
2021年8月2日

この論文では、COVID-19患者さんの肝臓でみられる微小血栓について病理学的に検討し、微小血栓が肝障害に関連することを見出しました。また、COVID-19は肺炎に加えて血管内皮細胞傷害 (vWF発現) と凝固障害 (高フィブリノーゲン血症) を誘発しますが、微小血栓はこれらによって引き起こされていることが示唆されました。

詳細はこちらです。






近藤先生が共著者の原著論文がJournal of Hepatology (IF:25.083) からpublishされました
2021年7月11日

この論文では、COVID-19患者でみられる肝障害に、IL-6によって引き起こされる内皮細胞傷害および凝固障害が関与していることを報告しています。

詳細はこちらです。







« Older Entries





久留米大学医学部病理学講座(旧第一病理学講座)
お電話でのお問い合せ:0942-31-7546
Copyright© 2014 久留米大学医学部病理学講座(旧第一病理学講座) 公式ホームページ official website All Rights Reserved. 管理